マグネ、クリスマスアルバムをリリース

HMVやタワレコでの扱いはなさそうですが、マグネのクリスマスアルバムが10月25日から一般販売になりました。
undefined

このアルバムはマグネのオリジナルアート付きのLPが10月11日に販売されたのですが、200枚限定であっという間に完売してしまいました。
製作風景の動画はこちら

一般的なクリスマスのイメージとは全く違ったはじけるような明るさとは縁遠いアルバムですが、マグネはクリスマスにつらさを感じている人達を思って作ったそうです。

a-ha.comニュースに掲載されたマグスのコメント

「僕は運良く家族がいてくれるけど、多くの人にとってクリスマスは騒々しい時期で、喪失感を思い出させる厳しいもの、切望や打撃を伴う孤独だ。僕は意味のあるものになるようアルバムを作ってみたいと思ったし、商業的なクリスマスの狂乱から外れた人達に向けたものでもある – クリスマスのもっと憂鬱で影になっている部分: 壊れた家族の絆、表に出ないよう隠していること、フェイクの影にある憤り、おどけた微笑み – 休暇にじっくり考えるためのアルバムで、ただの感傷的な飾りではない。」
「僕は本当にほしいかどうかも分からない、誰も必要ないような物をどんどん買うことがほとんどのような最近のクリスマスに加わるのは恥ずかしい・・・ 安っぽい上辺だけのお祝いは、希望のメッセージ、チャリティー、思いやりといった本来のクリスマスとは大違いだよ。」

現代アーティストとしてもソロミュージシャンとしても多忙を極め、1つ1つに真剣に取り組んでいて倒れないかと心配になることがあるのですが、a-haの活動は現在「1ヶ月一緒にいたら2ヶ月離れる」形で、バランスを取りながら楽しんでいるようでホッとしました。

全くの偶然だと思いますが、彼がサントラを手がけた映画「イエスタデイ」も、廉価版が10月25日から発売されています。
これは現在公開中の映画とは違って2014年に制作されたノルウェー映画で、日本は2016年公開。原題はBeatlesだったのが日本ではイエスタデイになり、今年公開のタイトルが重なってしまいましたね。
マグスはかなりストレスを抱えながらのお仕事だったそうですが、映画そのものは良かったと思いますし、日本でもサントラが発売されて嬉しかったです。

クリスマスアルバムは輸入盤もないのが残念ですが、オンラインでは購入もストリーミングもできるようになっていますし、マグネが歌詞付きで動画を公開している曲もありますので、ちょっとでも気になった方はぜひどうぞ!


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中